クラムボン ドコガイイデスカツアー2013@浅草雷5656会館ときわホールに行ってきた!小さい箱でクラムボン見るのが楽しすぎ!

クラムボン ドコガイイデスカツアー2013@浅草雷5656会館ときわホールに行ってきた!小さい箱でクラムボン見るのが楽しすぎ!

いやはやクラムボンをこんな距離で見るのは超楽しいですね!どうもてとこん(@tetokon)です。

という訳でクラムボン ドコガイイデスカツアー2013@浅草雷5656会館ときわホールに行ってきました。

ちなみにこれかみなりごろごろ会館って読みます。

スポンサーリンク

ライブの日は猛暑

雷5656会館でのライブは8/29と8/30のツーデイズで、私は8/30の方に行ってきました。

この日はもうめっちゃ暑くて会場に着くまでの間に汗だくになる私。

こんな日に限ってタオルを忘れていたので会場に到着してすぐ物販でタオルを買いました。1500円。色はグリーン。

クラムボン ドコガイイデスカツアー2013@浅草雷5656会館ときわホールに行ってきた!小さい箱でクラムボン見るのが楽しすぎ!

こういうのをすぐ買えるようになった辺りで「あぁ俺も大人になったなぁ」と思います。グッズ一つ買うのにめっちゃめちゃ悩んでた学生時代のあの頃…

小さな演芸場で見るクラムボン

浅草ならではの演出

会場のときわホールはキャパ300人くらいの演芸場で、普段はよしもとの舞台とかやってるような場所。

そういう場所で、普段はサンバカーニバルか隅田川の花火くらいでしか浅草に来ないみんなのための粋な演出が。

開始時間になって緞帳が上がるとそこにはクラムボンでは無く着物の女性が。

彼女は平山佳子さんと言って江戸小唄奏者。今回縁あって浅草講演で唄う事になったそう。

小唄ってちゃんと聞いたの初めてくらいだと思うんだけど拍子の取り方とかが独特で面白かった。こういう場所ならではの小粋な演出っていいと思いました。

平山さん客いじりとかも上手でやっぱり普段からこういう所でやってる人は凄いなぁって。

クラムボン ドコガイイデスカツアー2013@浅草雷5656会館ときわホールに行ってきた!小さい箱でクラムボン見るのが楽しすぎ!平山佳子的つれづれクラムボン ドコガイイデスカツアー2013@浅草雷5656会館ときわホールに行ってきた!小さい箱でクラムボン見るのが楽しすぎ!

真打ち登場

平山さんの小唄が終わるといよいよお待ちかねのクラムボンの登場です。

1曲目は「THE NEW SONG」。これまで座っていたお客さんも郁子の「立っても良いよ?」の声でまってましたとばかりに立ち上がる。

最新アルバム「LOVER ALBUM 2」からはまず「DESIRE -情熱-」が。

サビの♪夢はそうよ 見る前に醒めてしまったら 何にもならない♪の所とかもう完全に♪何にもな ら な ひーーーーー♪って歌ってる。楽しそうに唄う郁子超可愛い。あとこの曲はミトさんのベースソロのところがいい!

この曲からしばらくカバーが続きます。ミトさんの「アニソンは好きですかーお前ら!」の掛け声で「U&I」。もうこのカバーが素晴らしすぎる。もともとはアニメ「けいおん」の曲なんですけどね、ここまでクラムボン色に染めるかと。

原曲も好きだったんですけどこのカバーは凄いですわホント。

でも一番凄いのはミトさんの口笛の上手さですね。イントロで吹いてる口笛、音入れてるんじゃなくてライブでもホントに吹いてるんだぜ…

クラムボン ドコガイイデスカツアー2013@浅草雷5656会館ときわホールに行ってきた!小さい箱でクラムボン見るのが楽しすぎ!ごはんはおかず
カテゴリ: Anime

「これからは静かな曲をやるんで、みんな座ってもいいよ?」の声で素直に着席する観客たち。そこで更に「LOVER ALBUM 2」から「幸せ願う彼方から」。

これも元々はアニメ「らき☆すた」のキャラソンです。凄く…京アニです…
でもこれがまたいい曲なんですよ。PVも泣けるんですよ。ちょっと一度見てみてくださいよ。

ちなみに原曲を歌っているのはナウシカの声をやっている島本須美さんです。

クラムボン ドコガイイデスカツアー2013@浅草雷5656会館ときわホールに行ってきた!小さい箱でクラムボン見るのが楽しすぎ!幸せ願う彼方から
カテゴリ: Soundtrack


静かな曲のターンも終わり、ライブも後半に差し掛かったところでまだまだ行けますかーーーと「バイタルサイン」。

この曲を弾くミトさんを見るたび不安になるんですよ。この日はいつもに比べたらベースもそんなに歪んでないし、会場も小さいし大丈夫かなって思ってたんですけど甘かったです。ハイ。

やっぱり曲の最後でミトさんはベースを振り回し、アンプにぶつけ、シールドを引きぬき、最終的にベースに垂直落下式ブレンバスターくらわせてました。

もうあのベース傷だらけにも程があるのによく壊れてないと思う…

そんなムチャな事をやった「バイタルサイン」からの「KANADE Dance」。
この曲特に歌詞があるわけでもないインストの曲なんだけど、この曲のどっかに連れていかれる感がヤバいのです。楽しすぎて涙出るというか、CDで聞くよりもライブで聞いた時のその感覚がホントに凄い。

何でかよくわからないんですけどこの曲はぜひ一度ライブで聞いて欲しいです。

と、私が「KANADE Dance」で魂抜かれてる間に「サラウンド」のイントロが鳴り出すわけです。10何年か前に私がクラムボンと出会ったのがこの曲。当時の自分に教えてあげたい。お前あと10年くらい頑張って生きてたらその曲すげー近くで生で聞けるんだぜって。

そんなこんなで1時間半くらいで本編は終了。短いなぁ。もっと聞きたかった。

アンコール

Tシャツに着替えて出てくる三人。

ミトさんと郁子で観客を拍手であおり「シカゴ」。アンコールはアゲアゲでスタート。

アンコール2曲目は「NOW!!!」。大ちゃんスティック投げすぎです。1曲中に6本くらい投げてました。どんだけストックあるんだとwww

最後はお待ちかね「サマーヌード」!やっぱり山ピーカバーよりもクラムボンカバーですわ。「あと2日くらい8月があるみたいだけど知らん!今日でもう終わらそう」というミトさんと一緒にみんなはしゃぎすぎてる夏の子どもになってライブは幕を閉じたのでありました。

セットリスト

セットリストはこちら。ミトさんがいつもセットリストあげてくれててありがたい!そして絵が可愛い!かもはっぴゃっぱ!

てとこんはこう思った

楽しかったせいもあって物凄く時間が早く感じました。

こんな近くでクラムボンを見れるなんて、聞けるなんて幸せでした!

ちなみにまた来週にも見るんですけどね!

クラムボンのライブチケットはこちら
クラムボン ドコガイイデスカツアー2013@浅草雷5656会館ときわホールに行ってきた!小さい箱でクラムボン見るのが楽しすぎ!


スポンサーリンク

フォローする