ランサムウェアに大事なデータを人質にされたら超ヤバイ!ウイルスバスターで有名なトレンドマイクロさんに話を聞いてきたよ! #セキュリティな夜

以前から何度か呼んでいただいているあのウイルスバスターで有名なトレンドマイクロさんのイベントに参加して参りました。という訳で「ヨッピー×ウイルス研究員がガチで悪質なサイバー犯罪について考えてみた!〜ガチでセキュリティな夜2016〜 produced by TREND MICRO」(名前長い)のレポート記事です。

ランサムウェアってご存知ですか?もう今は自分のパソコンの中のデータが人質にされて身代金を取られちゃうような時代なんですよ。恐ろしい恐ろしい。

スポンサーリンク

登壇者紹介

ランサムウェアに大事なデータを人質にされたら超ヤバイ!ウイルスバスターで有名なトレンドマイクロさんに話を聞いてきたよ! #セキュリティな夜

今やネット界隈で知らない人はいないWebライターのヨッピーさん。
自分でプログラムも書いちゃうギークな女優池澤あやかさん。
そしてトレンドマイクロからは技術統括責任者の六宮さんとウイルスバスタークラウドのプロダクトマネージャーの木野さんのお二人。

池澤あやかさんは相変わらず可愛いでいらっしゃいますねぇ。

恐ろしいランサムウェアから大事なデータを守ろう!

イベント全体では、池澤さんが実際にウイルスを解析するデモに挑戦したり、一時期めちゃめちゃ流行って未だにちょこちょこ見るあのサングラスのスパムの話とかあったんですけどこの記事ではランサムウェアの話をします。

で、ランサムウェアって知ってますか?

Wikipediaによると

ランサムウェア(英語: Ransomware)とはマルウェアの一種である。 これに感染したコンピュータはシステムへのアクセスを制限される。 この制限を解除するため、被害者はマルウェアの作者にransom(身代金)を支払うよう要求される。

ランサムウェア – Wikipedia

とのこと。パソコンのデータを勝手に暗号化して開けなくして、暗号化解除してほしければ金を出せって脅してくる非常に迷惑なウイルスの総称です。

2015年の末にVVVウイルスとして話題になったのを覚えていますか?あれもランサムウェアの一種です。

参考:【VVVウィルス】広告を見ただけで感染する?新種のランサムウェアの被害が甚大すぎる – Togetterまとめ

さらに最近では被害件数も増加しまくり。特に法人ではそれが顕著だそうで。

参考:国内で過去最大のランサムウェア被害、2016年上半期の脅威動向を分析 | トレンドマイクロ セキュリティブログ

個人より会社の大事なデータが暗号化される方がヤバさが凄いのでそれを狙ってもいるんでしょうね。「これでは我が社の業務が滞ってしまう…やむを得ん…払おう…」的な。

さらにさらに身代金を得るための手法も巧妙化してきておりまして…最近では海外の銀行に怪しい送金をしようとした場合ブロックされることが多いのです。で、それを避けるために何と身代金の送金にはビットコインを使っているんですって。

そんな事言われてもそもそもビットコインなんて聞いたことあるけどよくわからないからもし払おうと思っても無理だし…と思ったそこのアナタ!安心してください!しちゃだめだけど。

なんと最近のランサムウェアはご丁寧(?)にもビットコイン用の口座(ビットウォレット)の開設から送金の仕方まで懇切丁寧に説明を用意しているんだそうです。ありがた迷惑とはこのことか。

しかもですよ、それでもわからない人のために(?)チャットでサポートする場合もあるんですと。場合によっては値下げ交渉にも応じる場合もあるとか。24時間いつでもあなたが身代金を払うのをサポート!じゃねーよなんだよその完全にベクトルの間違った優しさは!!なんかもう…その労力をもっといい方向に向けられないの…?世界平和とか…

他にも「お金を払ってもお金だけ取られて暗号化は解除してくれないんじゃない?」と不安になってる人の為にファイル1つだけ選ばせて暗号化解除したり、なんというかあの手この手で?無駄に手厚い?サポートで身代金を払わせるそうです。

正直ここまでのことをやってるなんて思ってなかったので驚きました。

で、何でここまでできるかって言うとやっぱりお金。

ロサンゼルスの病院がランサムウェアに感染してシステムがダウンし、復旧させるために身代金を払ったという例もあるように、困ったら身代金を払って解決してしまおうというパターンは結構ある様子。

参考:ランサムウェアに感染した病院、身代金要求に応じる – ITmedia エンタープライズ

ニュースにならないような規模まで含めると相当の金額が動いていると思われます。

加えて、ランサムウェアにはアフェリエイトモデルがある場合があって…感染した人に「今回は身代金払って残念だったな。じゃあ今度は身代金貰う側にならないか?」って勧誘するパターンがあるんですって。「貰う側になるならこのウイルスを◯◯ドルで買ってばらまいてくれよ!」的な。

凄すぎてもう感心しちゃいますよね。(ダメ)

そりゃあランサムウェアもどんどん増えていきますよ。だって被害者が次の加害者になるんですよ?ヤバくない???

ウイルスバスターでランサムウェアの脅威から大事なデータを守ろう!

で、やっと本題です。

ウイルスバスターはこの恐ろしいランサムウェアから大事なデータを守るためにファイルの”振舞い”をチェックして、例えば不正に暗号化されたり、あやしい変更をされたりしたら、元のファイルを自動でバックアップしておいて戻す機能があります。

ランサムウェアに大事なデータを人質にされたら超ヤバイ!ウイルスバスターで有名なトレンドマイクロさんに話を聞いてきたよ! #セキュリティな夜

更に新機能として、あらかじめ指定したフォルダを監視しておいて、未知のランサムウェア等の疑わしいプログラムがフォルダ内のファイルにアクセスするのをブロックする「フォルダシールド」という機能ができました。大事な写真のフォルダとか指定しておきたいですね。

ランサムウェアに大事なデータを人質にされたら超ヤバイ!ウイルスバスターで有名なトレンドマイクロさんに話を聞いてきたよ! #セキュリティな夜

まぁ良いと思ったこの2つの機能、Mac版は非対応なのがメインマシンがMacな私には辛いところなのですが…Windowsの方がウイルスに狙われがちだから仕方ないよね!

WindowsとMacどっちに対応しているかなど詳しい機能はトレンドマイクロのこちらのページからご確認下さい。

機能一覧 – トレンドマイクロ

ランサムウェア怖い!ウイルスバスターに頼っちゃおう!と思った方は製品をチェックしてみて下さい。
ラインナップはこちら

Amazonや楽天でも売ってます。

関連記事

ランサムウェアに大事なデータを人質にされたら超ヤバイ!ウイルスバスターで有名なトレンドマイクロさんに話を聞いてきたよ! #セキュリティな夜ヨッピー×池澤あやかのガチでセキュリティな夜 あなたのパソコンも狙われている!? #セキュリティな夜 – でーじてとこん

ランサムウェアに大事なデータを人質にされたら超ヤバイ!ウイルスバスターで有名なトレンドマイクロさんに話を聞いてきたよ! #セキュリティな夜超高齢化社会だからこそ高齢者こそITを駆使すべき。その入口としてのウイルスバスターデジタルライフサポート。 – でーじてとこん

スポンサーリンク

フォローする