vívosmart J HRにGPSがついたvívosmart J HR+が発売!どこが変わったのか調べてみた!

スマートウォッチはずっとGarminのvívosmartシリーズを使っていて、前に
vívosmart J HRとその前のバージョンのvívosmartを比較した記事を書きました。

vívosmart J HRにGPSがついたvívosmart J HR+が発売!どこが変わったのか調べてみた!vivosmart HR Jが欲しいのでvivosmart Jと比較してどう良くなったか調べてみた

その後特に記事にはしてないんですが結局vívosmart J HRを買いまして、ジムで運動する時に重宝しております。

そんなvívosmartシリーズ、いつの間にか新しいモデルが出ていたので何が変わったのか調べました。

vívosmart J HR+の目玉機能はなんといってもGPS

前回の目玉機能は心拍計でした。別途心拍計を着けること無く手首だけで心拍が計れるようになったのはとても良かったですね。

で、今回のvívosmart J HR+の目玉機能はなんといってもGPS。単独でGPSログが取れるようになりました。

vívosmart J HR+vívosmart J HR
バンドサイズ136~192mm136~187mm
ディスプレイ縦 10.7mm x 横 25.3mm、タッチスクリーン縦 10.7mm x 横 25.3mm、タッチスクリーン
重量31.0g29.6g
解像度160 x 68ピクセル160 x 68ピクセル
バッテリー充電式リチウム電池充電式リチウム電池
稼働時間ウォッチ/ライフログモード(24時間365日の心拍数計測、GPS不使用)で最長5日間、GPS使用時で最長8時間約5日
防水性能50m防水50m防水
GPS機能
光学式心拍計
カラーBlack・Blue・PurpleBlack・Imperial Purple・Midnight Blue
ライフログ・フィットネス機能ムーブバー表示・おやすみモード・アクティビティデータ・自動ラップムーブバー表示・おやすみモード・アクティビティデータ・自動ラップ
その他機能MoveIQ・バイブレーション・通知機能・音楽操作・スマートフォン検索・アラームバイブレーション・通知機能・音楽操作・スマートフォン検索・アラーム

ざっと表にしてみましたけどやっぱり大きい変化はGPSですね。あとはMoveIQっていう機能がついたんですけどこれはアクティビティを始める時に動きを感知して自動でスタートしてくる機能ですって。精度は気になるところですがジムに行ってもスタートするのを忘れたままランニングとか始めちゃうことがある私みたいな人にはありがたいです。

vívosmart J HR+は買いなのか?

で、vívosmart J HR+が買いなのかどうかっていうのはどれだけGPSを使うかっていうところですよね。

GPSを利用していると電池が8時間しか持たないのがポイントだと思うのです。普段からランニングする時にGPSを使っていて、しかもそれをスマホのGPSで計測してたりする場合はこれ結構買いだと思うんですよね。ランニングの時スマホ持たなくていいってなると荷物減らせるわけで。あとは自転車で色んな所行く人とか。Garminは元々自転車系のガジェット出してるんでそっちの用途が強いのかなーやっぱり。

そう考えると私みたいに日々の活動量計としてvívosmartを使っているような人間としてはわざわざGPSを使うシーンがあんまりない。ポケモンGOしてる時に歩いたコースを知りたい時とかかな?

vívosmart J HRにGPSがついたvívosmart J HR+が発売!どこが変わったのか調べてみた!vivosmart HR Jが欲しいのでvivosmart Jと比較してどう良くなったか調べてみた – でーじてとこん

スポンサーリンク

フォローする